美味しい豚肉を美味しく食べるコツは?

 美味しい豚肉を手に入れるれば美味しはずと思われるでしょうが、調理方法や保存の方法で味が変わりますので、ご紹介をいたします。

・ウデ
 小間切にして、肉じゃがや煮込み料理にしたり、角切りにしてシチューやカレーに使用します。もち豚の小間切肉は、脂身のあまみがありますので、しゃぶしゃぶにしても美味しく召し上がれます。
・カタロース
 脂肪が肉の繊維質の間に広がって、豚肉のうまみがあり部分です。しゃぶしゃぶ、すきやき、とんかつ、しょうが焼きなど、ほとんどの料理に向いています。
・ロース
 豚の背中の部分のお肉になりますが、豚肉の中で一番上質な脂身がついて、甘みがあり、柔らかい部分になります。しゃぶしゃぶ、すきやき、とんかつやソテーにして美味しく召し上がれます。
・ヒレ
最もきめが細かくて柔らかく、脂肪も少ない部分です。ビタミンB1を多く含み、低エネルギー。ヒレかつやソテーで、お召し上がりください。
・バラ
肉と脂肪が層になって美味しい脂肪がたくさんついて部分です。 角煮や炒め物に使いますが、しゃぶしゃぶやアスパラ、なすといった季節の野菜を巻いてソテーしても美味しく召し上がれます。
・モモ
脂肪が少なくヘルシーで、柔らかいの部分です。煮物、炒め物、しゃぶしやぶなどお好みのお料理に利用できます。

パーツ別の調理方法紹介します!

保存方法って結構重要です!

冷蔵での保存方法は?
 お肉が空気に触れないようにラップで包み、さらにジッパー付きの袋や密閉容器に入れます。こうすることで肉の水分の蒸発が防げます。2〜4日くらい持ちます。
冷凍での保存方法は?
 冷凍してお肉を保存する場合トレーから取り出し、新鮮なうちにラップで包んで保存しましょう。パックのまま保存すると、ラップとの間に空気が入り、脂が酸化してしまい美味しく召し上がれません。
 スライスしてあるお肉は、1回分を包んで、挽肉は板状にしてラップに包んで凍結すると使用する時に使い易いです。
解凍する場合のポイント
急激に解凍すると、肉のうまみが損なわれます。解凍する場合は冷蔵庫に移して低温でゆっくりと解凍するのが良いです。冷凍のお肉をそのまま熱湯に入れたり、フライパンで焼きますとお肉が硬く感じられたり、美味しく召し上がることができません。

●●お料理のご紹介コーナー●●

くるくるトンカツ 大葉の香り

【調理方法】

ちょっとアドバイス
 油の中に入れるので、大葉は、洗ったらしっかり水気を取りましょう。
甘みのあるロース薄肉にさわやかな香りの大葉をまいて、 揚げると美味しく召し上がれます。
1.肉は1枚ずつ広げておき、幅を出すために2枚の左右を少し重ねて幅6〜7cmになるようにならべます。お肉に、塩、こしょうを振り、小麦粉を薄く振りかけます。
2.1の上に大葉を少しずつ重ねながらのせ、手前側から隙間ができないようにしっかり巻いてください。
3.小麦粉をまぶし、卵、パン粉をつけて中温の油で、揚げてください。
● トップページへ  ● 商品紹介  ● お問い合わせ